【お食事・ランチ】乙訓寺・長岡天満宮・光明寺のご観光に

”海山旬菜ながおか京 徹”では乙訓寺を始め長岡京近辺の著名な観光スポットに散策されるお客様の為に、特別なお料理をご用意致しております。ご観光後にお店で食べる特別なランチコースや、行楽地で広げて食べるお弁当もご用意させて頂きます。徹のご利用で普段とは違った特別な楽しい休日をお過ごし下さいませ。

●長岡天満宮(長岡天神)の春は見所一杯

長岡天満宮(長岡天神)は、「天神さん、長天さん」と市民から呼ばれとても親しみのある神社です。延暦3年(784年)桓武天皇が平城京から都を移し、長岡京を造営いたしました。本殿への参道の途中にある弁天池には回廊式庭園があり10月9日には例祭が行われます。八条ヶ池には檜製の水上橋があり、境内を一望できるようになっています。初春には梅林の梅が咲き誇り、また4月初旬には桜が満開となり、夜には桜並木が美しく幻想的にライトアップされます。そして圧巻は市の花であるキリシマツツジがゴールデンウィーク頃に見頃となり多くの観光客を集めます。

●牡丹の花が見事な乙訓寺はすぐ近く!

乙訓寺の寺伝では推古天皇の勅命により聖徳太子が建立したと言われている古刹です。長岡京の造営以前の奈良時代の創建と思われます。今現在は牡丹の寺として全国に名を馳せ多くの観光客や観光バスが訪問する名刹です。約2000株にも及ぶ大輪の牡丹が咲き誇るのは丁度ゴールデンウィークの頃。天神さんのキリシマツツジと丁度同時期となります。乙訓寺近辺にはお食事を取れる施設が少ないので、海山旬彩ながおか京「徹」は徒歩2分の便利さから、観光後のお食事や、平日であれば特別ランチなどの昼食や夕食のご用意も承らせて頂きます。まずはご連絡下さいませ。

●参道から空一面が紅く染まる光明寺は圧巻

光明寺は西山浄土宗の総本山です。法然が初めて『念仏』の教えを説いた地だと言われています。光明寺の紅葉を求めて数多くの観光客や大型のバスが訪ねてまいります。広大な境内をもみじが彩り美しく染め上げます。緑から黄緑に。そして黄色、橙色、そして真っ赤な葉に至る壮大なグラデーションは心に残るファンタジーです。特に参道の石畳までモミジで埋め尽くされる様は圧巻です。海山旬彩ながおか京「徹」ではご散策後のお食事のご利用を始め、特別な「もみじ狩りほんわか弁当」等をご用意させて頂きます。長岡京市の自然を五感で味わって頂き、お土産として想い出をお持ち帰り下さいませ。

その他、楊谷寺(通称は柳谷観音)は紫陽花寺とも言われ眼病に効く御利益があるお寺としても有名です。「あじさい弁当」などもご用意させて頂きます。お気軽にお問合せ下さいませ。







店主、徹がどうしても拘りたい7つの事。
●長岡京に生まれて幸せ。ご恩返しがしたい

●『いやー徹さん、この酒旨いね♪』が嬉しい

●絶対的拘り!これ無くして徹は語れない

●安全な食は当たり前。地域に根ざして行く

●見えない所を一生懸命に。まだまだ修行中

●完璧とは言えないけれど最善を尽くします

●平城京の後は『長岡京』。その事実を残す





海山旬菜ながおか京 徹(とおる)
〒617-0814
京都府長岡京市今里3丁目8−2
TEL 090-1955-5101 (ご予約専用)
●営業時間は、18:00〜24:00 月曜定休
●お座敷席10名様、2〜4名様用もございます
●夜一人平均予算3000円〜
E-mail info@kaisanshunsai.com
店主兼 オーナー:山田 徹
長岡京市(居酒屋 とおる)

  トップへ   
店主、徹ご挨拶 春の季節 夏の季節
秋の季節に 冬の季節に 地図、アクセス
お弁当もOK! 観光を楽しむ